奈良GALA

  1. HOME
  2. TOPICS
  3. 奈良GALAの作品評価方法

奈良GALAの作品評価方法

2018/4/1

作品の評価のしかたは?

奈良GALAは応募作品の評価方法がちょっと独特です。
まずザッとご説明しますと…

評価方法

奈良GALAの作品評価は1次評価(エンドユーザー視点)と、2次評価(プロ視点)の2基準で行います。

奈良GALAの金鹿賞・銀鹿賞・白鹿賞

1次/2次という名前ですが、この2つは同時並行で行います。1次突破しないと2次に進めない…のではなく、全作品を1次・2次評価します。

チラシ部門パンフレット部門ポスター部門の3部門について、それぞれに『金鹿賞・銀鹿賞・白鹿賞』が進呈されます。

1次評価で最も人気の高いものを『白鹿賞』とします。

1次評価・2次評価を踏まえて、総合的に優れている作品を『銀鹿賞』、 最も優れている作品を『金鹿賞』とします。(『白鹿賞』と『金鹿賞』『銀鹿賞』の同時受賞可)

※ご多忙中、作品応募してくださるクリエイターの方々には大変心苦しいのですが、今回の開催では受賞者様への賞金・賞品はご用意しておりません。賞状の進呈と、「奈良GALA」・「奈良デザイン協会」の両WEBサイトでのアピールを特典と致します。

1次評価って?

広告とは、エンドユーザー(最終消費者)に伝えるべき情報を伝えるためのものです。ですので、一次評価はエンドユーザーが主役。

広告業界やデザイン業界とは直接関係のない、有志「1次評価員」約10名(年代は20代~70代くらい、性別・職業不問)による、15点満点のチェックシート方式での採点です。1次評価で最も高い結果を出した作品に『白鹿賞』が授与されます。採点シートはこんな感じです。

※細部は変更される可能性が有ります
※ターゲット・公開方法・広告効果は、応募フォーム内の作品情報が判断基準となります。 記載が具体的なほど、得点につながります。

奈良GALAの1次評価チェックシート

2次評価って?

2次評価では、グラフィックデザイン業界に身を置く3名が、全作品について文章で論評させていただきます。

1次評価での結果を考慮しつつ、チラシ・パンフレット・ポスター各部門での『金鹿賞』『銀鹿賞』を3名の協議の上で選定致します。評価文は当サイト・作品展示会にて公開させていただきます。

「どんな人が論評するの?」→2次評価員の紹介はコチラ


作品の応募受付は4月15日24時までです!
ぜひぜひ、受賞目指してご応募くださいね!